審美治療

審美治療では、「きれいな歯・自然な歯を入れること」で見た目を改善することを目的としていますが、機能的という観点でも美しく整っていることが必要だと当院では考えています。なぜ機能的(噛み合わせなど)にも美しくある必要があるかというと、見た目だけきれいにしたとしても、機能的に欠陥がある場合、再度見た目に問題が生じてきてしまうからです。

当院では、治療前のご説明をしっかり行うことはもちろん、治療ではより精密で正確な治療ができる環境を整えています。そして美しい歯を永く使っていただくために、優れた技工士との連携による補綴物(詰め物や被せ物等)の制作まで、より良い歯を入れられるよう最善を尽くしていきます。

当院の審美治療のこだわり

当医院ではより審美的な被せ物を作製するため、一眼レフを用い歯の形態、色調を記録していきます。また歯を作る技工士が来て色調形態の確認をし、より自然な被せ物を作製していきます。

当院で扱っているセラミックの種類について

トヨムラ歯科では虫歯治療などで削った歯に、審美性の高いセラミックの補綴物(詰め物・被せ物)を装着することもできます。セラミックには様々な種類がございますので、それぞれの性質をご紹介します。

メタルボンド

メタルボンドとは中身は金属で、外から見える部分にのみセラミックを貼り付けたかぶせものです。強度が高く、変色もしにくいので、どこの部位の歯でも使用でき、とてもよく使用されています。

オールセラミック

オールセラミックとは、セラミック(陶器)でできたクラウン(かぶせ物や差し歯)です。 全体がセラミックでできたオールセラミッククラウンは本物の歯と見分けがつかない仕上がりが特徴です。

ジルコニア

ジルコニアは『人工ダイヤモンド』とも言われ強度もあり軽審美性にも優れた素材です。 金属を使用していないため透過性もあり、天然歯に近い自然な色に仕上がります。

e-max

ジルコニアに比べるとやや強度は劣りますが、時間がたっても変色しにくいため目立つ前歯に使用しても天然歯と区別がつかないほど自然な仕上がりになります。金属を使用しないためアレルギーの心配もありません。

ファイバーコア

金属を一切使用しないメタルフリー材質でできた土台です。 アレルギーの心配もなく、土台自体が白い素材になりますので被せ物を装着した際に金属のように色が透けずきれいな仕上がりになります。 柔軟性もあり歯への負担も少ないため破折するリスクも防いでくれる歯に優しい材質です。

                

メタルコア(保険適用)

金属でできた人工の土台になります。 強度と耐久性には優れていますが、その一方で噛む力が加わった際に歯の根に大きな負担がかかる場合があります。 また長期使用することにより金属成分が溶け出し、歯肉が変色したり金属アレルギーの原因になることもあります。

                

詳しい費用はこちらを御覧ください

ヒアルロン酸注入療法

年齢を重ねる中で必ずできるお顔・お口元のしわの改善や、歯肉の改善(ブラック・トライアングル)などに適した治療法です。