根管治療

根管治療とは何か?

根管治療とは、歯の根っこにある根管(神経の通っている管)を綺麗に清掃する治療のことです。虫歯が進行(C3~)すると、根管が虫歯菌に冒され痛みが出ます。その状態が進むと根管が死に、抜歯が必要となります。ご自身の歯を抜かずに守るためにも、この根管治療が必要となります。

根管治療が必要なケース

むし歯が神経まで進行してしまった場合に、神経を取る治療が必要になります。
過去に神経の治療をした後、再感染を起こした場合、再治療が必要になります。

根管治療を成功させるために当院がおこなっていること

レントゲン、必要があればCT撮影をし、精度の高い治療をお約束致します。

根管治療の流れ

STEP1:抜髄(神経を抜く)

レントゲン撮影後、局所麻酔をしてむし歯になっている部分を専用の染め出し液を用い完全に除去していきます。

その後露出した神経を専用の治療針を用いて取り除いていきます。

STEP2:管の深さを計測する

歯根の先端までの距離を機械を使い計測し、根の先端まで神経を取り除いていきます。

STEP3:根管内を洗浄する

消毒の薬剤を使用し、神経があった管を消毒していきます。

STEP4:根管内部に薬を詰める

消毒後、薬液を浸透させるため、根の管に薬剤を入れ仮の蓋をしていきます。

根の管が完全に滅菌された状態にした後、神経の代わりになるゴム状の薬剤を管に詰め密封していきます。

STEP5:コアを立て、かぶせ物を装着する

歯は神経を取ると神経と同時に栄養を供給する管や血管も取り除いていきます。
そうすると歯の寿命が短くなり脆くなってしまいます。
そのため神経を取り除いた歯を補強する必要があります。

補強の方法として…..

保険

金属の土台
メリット:保険内でできる デメリット:金属は歯根より硬いため、歯根の破折につながる
ファイバーコア 樹脂性の材料+線維性の芯棒
メリット:土台がしなるため、歯根にかかる負担を軽減できる。 デメリット:金属の土台よりは費用がかかる

自費

素材 メリット
ファイバーコア
樹脂性の材料+線維性の芯棒
※保険の材料と同じだが、被せ物を自費で被せる場合土台も自費になります。
土台がしなるため、歯根にかかる負担を軽減できる。

よくある質問

治療後のメンテナンス

治療後はメンテナンスを行うことが重要です。根管治療を行い、かぶせ物を行ったとしてもその後のメンテナンスを怠れば虫歯は再発するリスクがあります。また、かぶせ物は人工の歯であることから天然歯と固さが違い、歯がすり減ってしまう可能性もあります。そのような場合には噛み合わせを調整しないと、噛み合わせが原因の別の症状をひきおこすリスクもあります。そのため当院では患者様に三か月に一度ご来院いただき、きちんとお口の中を見せていただきながら患者様が再度辛い思いをしないようにプロフェッショナルケアを行っております。