矯正歯科

歯列矯正

矯正治療は、歯や顎の位置や形を整え、美しい歯ならびと良い噛み合わせをつくる治療です。歯ならびや噛み合わせが悪いと、見た目だけでなく歯周病や発音障害、顎関節症、胃腸疾患等の、全身的精神的に悪い影響がでることもあります。ゆえに、矯正治療によって歯やあごなどのお口のなかが健康になるだけでなく、心身ともに健康を取り戻すことができるのです。

矯正治療を専門に行っているドクターが施術を行います

当院では矯正治療を専門に行っているドクターが在籍しているため、その専門的な技術を駆使した施術を行うことが出来ます。そのため、患者様のお口の状態に合わせた的確な診断が行えることはもちろん、可能な限り痛くなく、抜歯をしたくない方には抜歯をしない矯正治療を行います。お口の状態によってご案内できる方法は異なりますので、詳しくは一度ご相談下さい。

このようなお悩みに対応しています

  • 上の前歯や上顎が前に突き出ている
  • 下の前歯や下顎が前に突き出ている
  • 歯並びがデコボコしている
  • 前歯がうまく閉じられない
  • 歯と歯の間にすき間がある など

上記のような症状が当てはまるという場合はお気軽にご相談ください。

歯列矯正をはじめるメリット

コンプレックスからの解放

歯列矯正による最も大きなメリットとして、「歯並びが悪い」というコンプレックスから解放されることです。コンプレックスによりストレスを感じ、私生活に影響が出てしまうことも少なくありません。

  • 人前で笑うことが少なくなった…
  • 手で口元を隠すことが多くなった…
  • 歯並びを周りから見られている気がして話しにくい…

など歯並びによる悩みを多く聞きます。
歯列矯正により、これらの悩みが解消された方は『人の目を気にせず自然な笑顔でいられる』と性格や考え方にプラスの影響を及ぼすこともあります。

口腔内の病気にかかるリスクの軽減

歯列矯正

歯列がきれいに整うと、ご自身の口腔ケアもとってもやりやすくなります。歯列が整っていることで、日頃の歯みがきもブラシの毛先が細かな隙間まで行き届き、しっかりと汚れを取り除くことができます。しかし歯並びが整っていないと、歯が複雑に重なり合っている場合には歯ブラシの毛先が行き届かず、まったく磨けていない状態になってしまっていることが多くあります。

歯医者へ行くとデンタルフロスや歯間ブラシを勧められた経験のある方もいるかと思います。せっかくご自身の虫歯への予防意識が高まり口腔ケアグッズを使用しても、汚れのある部分に届いていなければ意味がありません…。

歯列がそろうと、歯磨きやデンタルフロスがしやすくなります。歯の間に食べものが詰まりにくくなり、詰まっても歯磨きで簡単に落とせるようになるので、虫歯や歯周病のリスクが低減します。口腔内が清潔に保てることから、口臭の改善も期待できますよ。

噛み合わせが整う

噛み合わせが悪いと以下のような影響が及ぶ可能性があります。
・肩こり ・頭痛  ・腰痛 ・めまい ・顎関節症 ・耳鳴り
歯並びや噛み合わせが良くないと、頭がい骨のバランスが崩れ、そのバランスの悪さを取り戻そうとして体のあちこちに負担がかかります。このようにして、噛み合わせのアンバランスがさまざまな部位のバランスの乱れ・歪みを生じ、姿勢を悪くしてしまいます。

そのことが、頭痛、肩こり、めまいなどの症状を引き起こすことがあります。なかには、ひどい腰痛の原因が噛み合わせの悪さだったという事例もあるほどです。歯列矯正によって体全体のバランスが整うと、体のさまざまな不調が解消されるケースがあります。

成人矯正(大人の矯正治療)

大人になっても矯正治療を行うことが出来ます。矯正をする上で患者様が最も気にすることが、矯正治療中の見た目です。当院では、矯正治療をしているのがわからないようなワイヤーを使用しない矯正装置も取り扱っております。下記が当院で取り扱っている矯正装置になります。

表側(ワイヤー)矯正装置

表側(ワイヤー)矯正装置

歯の一本一本にブラケットを装着し、ワイヤーの張りで歯を移動させる矯正治療法です。最もよく使用されている矯正装置であり、適応できる症例が非常に広いというメリットがあります。ワイヤーが他の方から見えてしまうので矯正治療をしているのがわかってしまうというデメリットを持っていますが、当院では白いブラケットやワイヤーも取り扱っているので、可能な限り目立ちにくい矯正治療を行うことが可能です。

裏側(ワイヤー)矯正装置

裏側(ワイヤー)矯正装置

歯の表側で行うワイヤー治療を、歯の表側ではなく歯の裏側で行う矯正治療法です。歯の裏側にブラケットとワイヤーを設置するので比較的矯正治療をしているのが気づかれづらくなるというメリットがあります。しかしその分より専門的な技術が必要になるため、表側で行う矯正治療よりも費用は高くなります。費用を下げるために、目立ちやすい上顎は歯の裏側にブラケットとワイヤーを設置し、下顎は歯の表側にブラケットとワイヤーを設置するハーフリンガルという方法もありますので詳しくは一度お問い合わせください。

マウスピース矯正装置

マウスピース矯正

マウスピース矯正治療はブラケットとワイヤーではなく、透明のマウスピースを使用して歯並びの改善を行います。透明なので他の方から矯正治療をしているのが気づかれにくく、取り外しも可能なのでストレスを感じることが少なく矯正治療を行うことが出来ます。

当院では『アソアライナー』という国内で最も普及しているマウスピース矯正装置を使用しております。しかし、マウスピース矯正は全ての症例に適応できるわけではないので、マウスピース矯正で歯並びが改善できるかどうかはより精密な診断が必要になります。当院では専門的な技術を持った歯科医師が在籍しているので、安心してご相談下さい。

小児矯正(子供の矯正治療)

当院では小児矯正を行っています。お子様が成長するにつれて歯並びにコンプレックスを感じることもなくなり、正常な噛み合わせを実現できることで健やかな成長を促進することが出来ます。当院が取り扱っている子供の矯正装置に関しては以下をご確認下さい。

床矯正

床矯正

床矯正とは、取り外しの出来る矯正装置を使用し、顎を広げることで永久歯が生えたときに歯がまっすぐ生えてくるスペースを確保する矯正法です。6~11歳くらいのお子様が対象になり、1日8時間ほどの装置の装着をお願いしております。

子供のうちから矯正を始めたほうが良い理由

仕上がりが良い

歯の大きさが極端に大きくいずれ抜歯が必要となるケースであっても、あごの成長をバランスよく保つ小児矯正では矯正がより良く仕上がります。顎の成長を正しい形に促すことにより、大人になってから矯正するよりも歯並びの仕上がりがよくなる可能性が高まります。

歯並びが悪くならないようにコントロールできる

あごの成長期においてかみ合わせが正しくない状態を放置する事により、あごが歪んだまま成長してしまうことがあります。あごの成長に合わせてかみ合わせを改善する事により、バランスのとれたかみ合わせに改善される可能性が高くなります。

顎の曲がりの程度を減らす

乳歯の抜歯タイミングをコントロールする事により、悪い方向に生える原因を減少させ噛み合わせを良い状態に導きます。

手術の必要性が減る

歯の生え変わりの時期に歯の傾きが原因で受け口になっている場合、放置する事により悪い傾きの歯にそって顎が成長します。そのため、成長が止まる頃には顎のずれが大きくなりすぎて、改善には顎の手術を併用した矯正治療が必要となることがあります。しかし、あらかじめ噛み合わせを治す事により、噛み合わせのバランスのとれた顎の成長が起こり手術の必要性が減少します。

抜歯の可能性が減る

小さいあごを広げたりあごの成長を正しい形に促すことで、抜歯の可能性を減らす事ができます。大人になってから矯正治療を行うと抜歯が必要な症状でも、子どものうちから矯正治療を行うことにより非抜歯にて治療が可能になる確率が高くになります。

歯や顎への負担を減らすことができる

早期に歯並びを改善する事により、生え変わり時期の悪い咬み合わせが原因となる極端な歯のすり減り顎への負担を減少させます。

コンプレックスの解消

早めに目立つ部分の歯並びを改善することにより、コンプレックスを解消でき健全な精神発達の環境を整えてあげる事ができます。

私が担当いたします。

歯科医師・専門医 [矯正治療・マタニティ歯科]  豊村 洋子 Youko Toyomura

矯正治療は見た目の美しさを治すだけではありません。お口の中のトラブルの原因となる悪い力を取り除くことができるのも矯正治療の良いところです。咬み合わせは全身の健康にもとても深いつながりのあるものです。咬み合わせや顎の大きさ・位置などが顎関節症や睡眠時無呼吸症候群にも関係する場合があります。いかに老化の速度をゆるやかにできるか、いかに美しく健康にエイジングしていけるかを患者さんとお話しをして、より良い治療ができるよう心がけております。お子様の場合にはこれからの一生を元気に過ごして行けるよう、顎の成長のレールを変えていくことも可能です。お子様の成長発育を、よりよい方向へ導くよう、お手伝いします。

略歴

  • 昭和49年 日本歯科大学卒
  • 平成3年 初石・ひまわり歯科医院 開院

所属学会・団体

  • 日本矯正歯科学会会員
  • 日本歯科矯正学会 認定歯科矯正医