顎関節治療

噛み合わせが悪い場合に引き起こされる症状

  • 顎が痛い
  • 頭痛、肩こり、腰痛
  • めまい
  • 歯ぎしり、食いしばり
  • 歯の破折
  • 不安、イライラ
  • 歯の磨き残しによる虫歯や歯周病

以上のような症状が、噛み合わせが悪いと引き起こされる可能性があります。

顎関節症について

噛み合わせが悪い場合の代表的な症状が顎関節症です。顎関節症は、顎の関節や筋肉の病気で、顎を開けるときカックンという音がなったり、口が開かなくなってしまう病気です。

顎関節の症状

顎関節症にかかってしまうと以下の使用な症状が現れます。

  • 口を開けると、顎の関節やその周辺に痛みや音などを始めとした違和感がする
  • 口が開かない
  • 口が左右に動かない

またこの顎関節症にかかってしまうと、全身に影響を及ぼす可能性があります。

  • 頭痛、肩こり、腰痛
  • めまい、耳鳴り
  • 目の疲れ
  • 歯の痛み
  • 鼻の症状

顎関節症は早急な治療が必要になります。一度専門のドクターに相談することが必要です。

当院の顎関節症の治療法

咬合調整

噛み合わせの検査を行い、噛み合わせが合うように歯の形を整えていきます。基本的には、歯を少し削ったりする程度ですが、重度のズレの場合には削ってセラミックや入れ歯を使用して歯の高さを調整いたします。

顎のマッサージ

上下の噛み合わせが合うようになるスプリント(マウスピース)を作成し装着していただきます。上下の噛み合わせが均等に接するようになれば顎の緊張がなくなり、顎をスムーズに動かせるようになります。この処置を行って噛み合わせを正しい位置に戻した後に、咬合調整を行うことで噛み合わせを改善していきます。

ボトックス治療

ボトックスを噛む筋肉(咬筋)に注射することにより、噛む力を抑制し、顎関節への負担を減らします。
効果は3〜6カ月有効です。

費用 20000円(80単位)

私が担当いたします。

副院長・歯科医師 豊村 康太 Kouta Toyomura

亀戸・トヨムラ歯科医院は、わかりやすい説明と丁寧な対応を心がけ、患者様のお口の中を乳歯から責任を持ってお守りする”生涯診療”をお約束いたします。

乳歯の時期からずっとご自分の歯で、お食事ができるようひとつひとつの治療に責任のある治療、“生涯診療“をコンセプトに院長はじめ、スタッフ一同、最良の治療を落ち着いた空間で提供できる医院であり続けることを心掛けております。

歯医者さんは『痛い』『怖い』『何をされているのか分からない』
こんなお悩みを少しでもなくせるよう
『できる限りお痛みの少ない治療』
『少しでもリラックスできる環境』
『納得のいくまでの治療説明』
をお約束いたします。

毎日、笑顔で美味しい食事を楽しんで頂けるよう、歯に関するちょっとしたご相談から、口腔外科領域、インプラントなどの専門的な分野まで幅広くサポートさせて頂きます。

お口の健康を維持するお手伝いを今後ともしていきたいと考えておりますので、68年間地域に根付いたトヨムラ歯科医院を今後共、どうぞよろしくお願いします。お口や歯についてのお悩みは当院へお気軽に何でもご相談ください。

略歴

  • 暁星高等学校卒 日本歯科大学卒
  • 八重瀬会 同仁病院 歯科口腔外科 勤務
  • はねじ歯科医院 勤務

所属学会・団体

  • 口臭歯科学会
  • 歯科ドック学会
  • 日本インプラント学会
  • 日本バイオインテグレーション学会 評議員
  • C.D.R.I 所属 (study group)  C・M・S (study group)