妊婦歯科

妊婦(マタニティ)歯科

妊婦(マタニティ)歯科は妊娠中の患者様でも歯科治療を受けられるよう、安全性を考えて治療を行うとともに、生まれてくる赤ちゃんの口腔内の健康状態までを考慮して行う歯科治療です。

  • 妊娠中でも安心して治療を受けたい。
  • 気軽にお口の悩みを相談したい。

そんな患者様のために、当院では妊婦さんの口腔ケアはもちろん、生まれてきたお子様の口腔ケアも含めてお母さんから赤ちゃんまで、一貫した歯科診療をご提供いたします。

妊娠中のお口の中は?

妊娠中のお口の中は非常にたくさんのリスクがあります。例えば下記のようなことがあります。

  • つわりの影響から、歯が磨きにくくなるので虫歯の原因となる菌が増える。
  • 赤ちゃんの成長により胃が圧迫され、1度の食事量が少なくなるため、食事の回数が増ええう。その結果、お口の中が酸性の状態が続くことから、虫歯のリスクが高くなる
  • ホルモンバランスの変化で歯周病になりやすくなる。

そのため、しっかりと歯医者さんに通って定期的に口腔内のチェックを行うことが重要です。

歯周病のリスク

お母さんの歯周病は妊娠に大きなリスクになります。例えば、早産や低体重児のリスクが上がり、健康な人に比べ歯周病に感染した妊婦さんの場合はそのリスクが7.5倍も高くなるという報告もあります。

定期的な検査を受けることで、リスクを排除していきますので是非当院にお越し下さい。

出産後も親から子供に虫歯菌が入り込むリスクがあります

赤ちゃんが生まれた後、赤ちゃんとキスをしたり口移しで物を与えることも増えるかと思います。そのようなときに親御様のお口の中が虫歯だとお子様の体内に虫歯菌が侵入してしまう可能性もあります。

当院では女性ドクターも在籍しております。

当院では女性のドクターも在籍しております。
もし女性ドクターをご希望される場合は、お気軽にお申し付けください。

担当の専門医のご紹介

歯科医師・専門医 [矯正治療・マタニティ歯科]  豊村 洋子 Youko Toyomura

矯正治療は見た目の美しさを治すだけではありません。お口の中のトラブルの原因となる悪い力を取り除くことができるのも矯正治療の良いところです。咬み合わせは全身の健康にもとても深いつながりのあるものです。咬み合わせや顎の大きさ・位置などが顎関節症や睡眠時無呼吸症候群にも関係する場合があります。

いかに老化の速度をゆるやかにできるか、いかに美しく健康にエイジングしていけるかを患者さんとお話しをして、より良い治療ができるよう心がけております。お子様の場合にはこれからの一生を元気に過ごして行けるよう、顎の成長のレールを変えていくことも可能です。お子様の成長発育を、よりよい方向へ導くよう、お手伝いします。

略歴

  • 昭和49年 日本歯科大学卒
  • 平成3年 初石・ひまわり歯科医院 開院

所属学会・団体

  • 日本矯正歯科学会会員
  • 日本歯科矯正学会 認定歯科矯正医