入れ歯

入れ歯について

入れ歯治療とは、歯の失われた部分に取り外し式の装置を入れる治療法です。入れ歯を入れると、物をよく噛むことができるようになることはもちろん、口元のはりを取り戻せることから顔貌の美しさが回復するといった効果もあります。

このようなお悩みはありませんか?

  • 入れ歯が浮いた感じがする
  • 入れ歯をしていると話しにくい
  • 入れ歯が痛い
  • 食事がしにくい
  • 噛むと痛い

このようなお悩みは当院で解決できるかもしれません。そもそも合わない入れ歯を我慢して使うことは、想像以上に体全体に負担をかけています。どんなに小さなお悩みもそのままにせず、是非一度ご相談下さい。

当院で取り扱っている入れ歯の種類

ノンクラスプデンチャー

「入れ歯のバネが見えるのが気になる…」というお悩みはありませんか?そのようなお悩みのある方は是非一度、当院へご相談ください。 当院ではノンクラスプデンチャーという、従来の部分入れ歯にみられる金属のバネ(フック)がない入れ歯を取り扱っております。金属ではなく歯ぐきの色(ピンク)のバネが入れ歯を支えるので、取り外さない限りほとんど入れ歯であることが分かりません。その他にもその薄さから違和感を感じづらい点や、残っている歯に負担をかけずに固定できるという利点も持っています。

金属床義歯

薄い金属のプレートを使用した入れ歯です。保険適用の一般的な義歯はプラスチックで作られていますが、保険の義歯に比べて、金属床義歯は装着感が良く、丈夫であるという利点を持っています。また、金属は熱さ・冷たさを伝えやすい性質があるので、より美味しく食事をお召し上がることができます。

治療用義歯

これまで入れ歯が合わない、痛いなどでお悩みの方には「治療用義歯」が効果的です。治療用義歯はお口の中を健康な状態に戻すことに役立ち、その結果患者様は快適に入れ歯をお使いいただけるようになります。お悩みの方は是非一度ご相談下さい。

治療用義歯が必要な理由

これまで入れ歯が合わない、痛いなどでお悩みの方には「治療用義歯」が効果的です。治療用義歯はお口の中を健康な状態に戻すことに役立ち、その結果患者様は快適に入れ歯をお使いいただけるようになります。お悩みの方は是非一度ご相談下さい。

より自然な噛み合わせを実現できます

今まで噛み合わせがズレていた方、合わない入れ歯を長期間使っていた方の噛み合わせを本来の位置に戻し、筋肉をリハビリテーションを行う事によって【噛める入れ歯】を作製していくための準備用の入れ歯です。

より精密な入れ歯を作成することが出来ます

噛み合わせを治すと同時に治療用義歯の内面に、ゆっくり固まる型どりの材料を入れる事により、より精密に型どりする事ができます。その後、治療用義歯を参考ににし、模型を作り、正しい噛み合わせを取り最終精密義歯を作製していきます。

通常保険の義歯の作製期間が4週間程度なのに比べ、治療用義歯を用いて精密義歯を作るには3カ月程度の期間がかかります。

治療用義歯とは?

治療用義歯という言葉は、あまり聞き慣れないかもしれません。一般的な入れ歯は実際に使う入れ歯一つを作るだけですが、治療用義歯では本番の入れ歯を使う前に、練習・調整用の入れ歯を使うことで、完成時には患者さんの癖や特徴に合わせた完全オーダーメードのリハビリ用義歯を治療用義歯と呼びます。

別名コピーデンチャーとも呼ばれ、完成品は患者さんの噛み方やお口の形にピッタリと合った入れ歯となり、当然噛み心地や話す上での違和感の少なさなど、かなり高い精度でご用意することが可能です。

治療用義歯の特徴

  • 練習用義歯を使いながら調整し、ドクターが少しずつ患者さんに合わせていきます
  • 調整の時間を十分に取ることで、通常の入れ歯に比べ最終的には治療回数が少なく済む
  • 歯ぐきの形、咬み方の癖、かみ合わせ、顎や舌、頬の筋肉も入れ歯に馴染み、入れ歯もお口の中の環境にあった状態から使い始めることができるので、違和感を最小限に抑えられる

インプラントオーバーデンチャー(ロケーター義歯)

ロケーター義歯とは?

歯ぐきにインプラントを埋入し、インプラントと入れ歯を留め具で固定するタイプの入れ歯です。歯ぐきの上にのせるのではなく、歯ぐきに埋め込んだインプラントへ固定するため、高い安定感があり会話中、食事中の脱落が非常に少ないのが特徴です。

ロケーター義歯のメリット

  • 安定性が高く、ずれる・外れることが少ない。強く噛めるので、食事の際に安定する
  • 総入れ歯が難しいケースの方でも治療できる場合がある
  • 取り外しができ、手入れがしやすい。衛生的に管理できる
  • インプラントの本数は最少2本のため、身体への負担は最小限で済む
  • 現在お使いの入れ歯をロケーター義歯にすることも可能
  • 総インプラント治療と比較すると、費用を抑えられる
  • 金属のバネが要らないため、見た目が自然
  • 医療費控除の対象となる

ロケーター義歯のデメリット

  • 自然歯やインプラントと比較すると、噛む力は弱い
  • 骨の状況等により、治療できないケースもある