入れ歯

入れ歯について

入れ歯治療とは、歯の失われた部分に取り外し式の装置を入れる治療法です。入れ歯を入れると、物をよく噛むことができるようになることはもちろん、口元のはりを取り戻せることから顔貌の美しさが回復するといった効果もあります。

当院で取り扱っている入れ歯の種類

ノンクラスプデンチャー

「入れ歯のバネが見えるのが気になる…」というお悩みはありませんか?そのようなお悩みのある方は是非一度、当院へご相談ください。 当院ではノンクラスプデンチャーという、従来の部分入れ歯にみられる金属のバネ(フック)がない入れ歯を取り扱っております。金属ではなく歯ぐきの色(ピンク)のバネが入れ歯を支えるので、取り外さない限りほとんど入れ歯であることが分かりません。その他にもその薄さから違和感を感じづらい点や、残っている歯に負担をかけずに固定できるという利点も持っています。

金属床義歯

薄い金属のプレートを使用した入れ歯です。保険適用の一般的な義歯はプラスチックで作られていますが、保険の義歯に比べて、金属床義歯は装着感が良く、丈夫であるという利点を持っています。また、金属は熱さ・冷たさを伝えやすい性質があるので、より美味しく食事をお召し上がることができます。

治療用義歯

これまで入れ歯が合わない、痛いなどでお悩みの方には「治療用義歯」が効果的です。治療用義歯はお口の中を健康な状態に戻すことに役立ち、その結果患者様は快適に入れ歯をお使いいただけるようになります。お悩みの方は是非一度ご相談下さい。

治療用義歯が必要な理由

これまで入れ歯が合わない、痛いなどでお悩みの方には「治療用義歯」が効果的です。治療用義歯はお口の中を健康な状態に戻すことに役立ち、その結果患者様は快適に入れ歯をお使いいただけるようになります。お悩みの方は是非一度ご相談下さい。

より自然な噛み合わせを実現できます

今まで噛み合わせがズレていた方、合わない入れ歯を長期間使っていた方の噛み合わせを本来の位置に戻し、筋肉をリハビリテーションを行う事によって【噛める入れ歯】を作製していくための準備用の入れ歯です。

より精密な入れ歯を作成することが出来ます

噛み合わせを治すと同時に治療用義歯の内面に、ゆっくり固まる型どりの材料を入れる事により、より精密に型どりする事ができます。その後、治療用義歯を参考ににし、模型を作り、正しい噛み合わせを取り最終精密義歯を作製していきます。

通常保険の義歯の作製期間が4週間程度なのに比べ、治療用義歯を用いて精密義歯を作るには3カ月程度の期間がかかります。