むし歯治療

むし歯治療(歯が痛い、歯がしみる)

むし歯治療虫歯の治療は虫歯の進行具合によって治療方法がそれぞれ異なります。虫歯の初期でなるべく早く治療を開始した方が治療期間も短く、治療費用も安く済みます。
以下に代表的な治療をご説明いたします。

※進行度やお痛みにより、麻酔をして治療をします。

歯の表面だけが虫歯の場合

C1


銀歯(インレー)での治療

銀歯(インレー)での治療虫歯の部分を削り、型取りをした後、後日金属の詰め物を入れる治療です。保険の治療では銀色の金属を使った材料の詰め物を入れる治療になります。
保険外の治療では白い材料を使った目立たない詰め物を選択することが出来ます。

保険外の治療保険外の治療


樹脂(CR)での治療

樹脂(CR)での治療虫歯の部分を削った後、その部分を特殊加工し、樹脂(CR)で歯の形に埋める治療です。その場ですぐ詰められる材料なので比較的簡単に終わる治療ですが、強度や変色する性質などは銀歯のインレーに劣ります。
※むし歯の大きさなどにより、樹脂の耐久に限界があるため、行えない場合があります。

中等度の虫歯の場合

C2


銀歯(クラウン)での治療

銀歯(クラウン)での治療虫歯が大きい場合、虫歯を削り神経(歯髄)を保護した後、歯全体を金属で覆いかぶせる治療です。保険の治療では銀色の金属を使った材料のかぶせ物を入れる治療になります。
保険外の治療では白い材料を使った目立たないかぶせ物を選択することが出来ます。

保険外の治療保険外の治療


前歯の被せる(前装冠)治療

前歯の被せる(前装冠)治療前歯で虫歯が大きい場合、虫歯を削った後、表面を白い強化樹脂で覆われた金属で被せる治療です。保険でもこの白い歯を入れることができますが、表面の樹脂の部分が変色してきたり剥がれてしまいやすいです。
保険外の被せ物では、変色も少なく、より自然に歯の白さを再現できるセラミックを使用したものがあります。

保険外の治療保険外の治療

虫歯が神経まで到達している場合

C3


神経の治療をした後、被せ物をする治療

以前に神経をとった歯で、根の先に炎症がおきた場合、1度被せ物・土台等をはずし、根の先の炎症を抑える治療を行います。2~3回程度消毒し、炎症がおさまったのを確認したら神経のあった管に神経に代わる薬剤を入れ、その上に新しく歯を補強するための樹脂や金属の土台を入れます。さらにその上に奥歯の場合は金属色のクラウン、前歯は表面が樹脂で白い歯(前装冠)を覆い被せていきます。

治療法

保険外の治療保険外の治療保険外の治療ではより自然な白い歯のセラミックを選択することも出来ます。

歯の根の先に炎症がある場合

C4


炎症を抑え神経の治療後、被せ物をする治療

以前に神経をとった歯で、根の先に炎症がおきた場合、1度被せ物・土台等をはずし、根の先の炎症を抑える治療を行います。2~3回程度消毒し、炎症がおさまったのを確認したら神経のあった管に神経に代わる薬剤を入れ、その上に新しく歯を補強するための樹脂や金属の土台を入れます。さらにその上に奥歯の場合は金属色のクラウン、前歯は表面が樹脂で白い歯(前装冠)を覆い被せていきます。

治療法

保険外の治療保険外の治療保険外の治療ではより自然な白い歯のセラミックを選択することも出来ます。

erabareru_title03.png
erabareru_01.pngerabareru_01.png
erabareru_02.jpgerabareru_02.jpg
erabareru_03.jpgerabareru_03.jpg
erabareru_04.jpgerabareru_04.jpg
erabareru_05.jpgerabareru_05.jpg
erabareru_06.jpgerabareru_06.jpg
erabareru_07.jpgerabareru_07.jpg

side_tel01.png
電話受付時間
平日 9:00-19:00
土曜 9:00-17:00

ネット診療予約ネット診療予約

フッ素キッズクラブフッ素キッズクラブ
料金表料金表
air_flow_banner01.jpg

side_access04.jpgside_access04.jpg

air_flow_banner01.jpg
dr_file_button01.jpgdr_file_button01.jpg
カード使えます

- 系列医院 -
himawari_button01.jpghimawari_button01.jpg

haisyaerabi01.jpghaisyaerabi01.jpg