無呼吸外来

無呼吸外来(いびき、無呼吸が気になる)

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは、眠っている間に呼吸が一時的に止まってしまう病気です。呼吸が停止することにより、脳が酸素不足になります。酸素が足りなくなると一時的に目が覚めた状態になり、これを一晩に何百回も繰り返してしまうため、昼間に強い眠気を引き起こし、さまざまな影響を及ぼしてしまいまうことになります。

kido-yurumi.jpg
一時的に気道が閉塞され、呼吸が停止(無呼吸)してしまいます。
ソムノデントHPより]

睡眠時無呼吸症候群の定義
一晩(7時間)の睡眠中に10秒以上の無呼吸が30回以上、または睡眠1時間あたりの無呼吸回数や低呼吸回数5回以上発生し、 ノンレム睡眠期(熟睡時)にも出現する。


耳鼻科との医療連携

医科との連携により、歯科医院だけではできない幅広い治療をご提供させていただきます。

豊村医院・耳鼻咽喉科
とよむらじびか(豊村医院・耳鼻咽喉科)WEBサイトはこちら

睡眠時無呼吸症候群の治療

耳鼻科にて睡眠時無呼吸症候群の検査を行っていただき、医療連携により睡眠時無呼吸症候群の治療を行っていきます。

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群とは上気道が完全に閉塞(閉じる)すると呼吸が止まってしまいます。 これが閉塞型睡眠時無呼吸症候群(SAS)と呼ばれる病気です。呼吸の停止により脳が酸素不足を感知して、呼吸を開始するために一時的な覚醒(目覚め)を即すので、窒息することはありませんが、この無呼吸状態を一晩に何百回も繰り返すことで、睡眠不足による昼間の強い眠気や、さまざまな病気を誘発する恐れがあります。

睡眠時無呼吸症候群の主な症状

  1. 大きな“いびき”
  2. 日中の極度な眠気
  3. 睡眠中の多動
  4. 夜間の多尿
  5. 起床時の頭痛
  6. 性格の変化
  7. 夜間の窒息感や息切れ
  8. 性機能低下 など

睡眠時無呼吸症候群の主な合併症

  • 脳梗塞
  • 心筋梗塞
  • 不整脈
  • 肺高血圧

口腔内装置(ソムノデント)による治療

flex.jpg口腔内へマウスピース「ソムノデント」を装着し、下あごを前に出すことで、睡眠中の気道の閉塞を防止する治療方法です。
口腔内装置は、他の治療方法に比べ体への負担が少なく、携帯も可能なので、出張中や旅行中などにも便利です。
詳しくはソムノデントHPを御覧ください。

erabareru_title03.png
erabareru_01.pngerabareru_01.png
erabareru_02.jpgerabareru_02.jpg
erabareru_03.jpgerabareru_03.jpg
erabareru_04.jpgerabareru_04.jpg
erabareru_05.jpgerabareru_05.jpg
erabareru_06.jpgerabareru_06.jpg
erabareru_07.jpgerabareru_07.jpg

side_tel01.png
電話受付時間
平日 9:00-19:00
土曜 9:00-17:00

ネット診療予約ネット診療予約

フッ素キッズクラブフッ素キッズクラブ
料金表料金表
air_flow_banner01.jpg

side_access04.jpgside_access04.jpg

air_flow_banner01.jpg
dr_file_button01.jpgdr_file_button01.jpg
カード使えます

- 系列医院 -
himawari_button01.jpghimawari_button01.jpg

haisyaerabi01.jpghaisyaerabi01.jpg